姫路の歯科・口腔外科 田村歯科医院 親知らずの治療のページ

姫路市 親知らず治療

トップページ 口腔外科> 親知らずの治療

顎関節症親知らずインプラント外傷腫瘍口腔粘膜疾患唾液腺疾患嚢胞


親知らずの治療

8番目の歯は18歳以降に生えてくるため、親が知らない時に生えてくることで一般的におやしらず(親不知)と呼ばれています。
  正式には第3大臼歯、智歯といい、かみあわせに関与しない事が多いです。

一番奥に生えているため、親不知は清掃しにくく、不潔になり虫歯になり易すく、となりの歯が同時に虫歯になる原因にもなります。 また感染により顎の腫れ、痛み、発熱、開口障害などを引きおこします。


治療は、痛み・腫れの急性症状が出ている時は、化膿止め、鎮痛剤、洗浄により炎症をおさえてから抜歯をすることになります。

親知らずの図

当ホームページの著作権は、姫路市広畑の歯科・口腔外科 田村歯科医院に帰属します