小児歯科

小児歯科専門医

当院では日本小児歯科学会 専門医の資格を持つ医師が診療を行っております。

日本小児科学会専門医認定証 日本小児科学会専門医認定証 小児歯科専門医のご案内
日本小児歯科学会専門医認定証 日本小児歯科学会専門医認定証 小児歯科専門医のご案内

写真をクリックすると拡大して表示されます。

トータル・ヘルス・ケア

お口の健康を守ることは、全身の健康を保つ上で大変重要なのです。小児歯科専門医は子ども達の健康を守り育てるために、小児科医や内科医、他の専門医と連携・協力して最善の医療を提供します。

安心

小児歯科専門医は、子どもの歯と顎の正常な成長と発達を促し、将来予測される歯の問題を未然に防ぎながら、子どもの成長にあわせて最善の治療を行います。

コミュニケーション

子どもは歯科治療に対して何らかの不安や恐れを持っています。小児歯科専門医のいる歯科医院では、歯科衛生士、受付などのスタッフは、歯科治療を受ける子ども達の心理的な問題について十分理解しています。

むし歯の治療

むし歯の治療 むし歯は、私たちの口の中に日ごろから存在する最近と食べ物の中の砂糖が互いに影響することによってできるものです。私たちは高度な技術を使ってむし歯を取り除き、歯と同じ色もしくは金属の材料で歯をなおします。

乳歯の重要性

乳歯の重要性 乳歯は栄養摂取のためだけではなく、顎の発育にも関係があります。また、永久歯が生えてくるのを誘導します。

歯ならび

歯ならび 歯ならびの悪さは、外見上の問題だけではありません。健康を維持するために、よく噛んで食べることが大切なのです。そのためには正しい歯の咬み合わせと、歯ならびが必要です。気になることは何でもご相談ください。

予防

フッ素

フッ素 むし歯予防にフッ素は欠かせません。
歯の質を強くして、むし歯に対する抵抗力をつけます。定期的に小児歯科専門医や歯科衛生士の指導を受けましょう。

シーラント

シーラント 細菌が住めないように、歯のくぼみや溝をシールする方法をシーラントといい、むし歯予防に効果的です。

ブラッシング

ブラッシング 乳歯は生後6か月頃より生え始め、2歳半から3歳までに乳歯の歯ならびができあがります。さらに6歳から永久歯が生え、12歳頃までに永久歯の歯ならびができあがります。歯の生え方に合わせた歯磨きの指導をします。

フロッシング

フロッシング 小児歯科専門医のいる歯科医院では、フロスの使用方法を歯科衛生士が専門的な知識で個人指導をしてくれるので安心です。

食事と間食

砂糖の取り過ぎは、むし歯をつくる原因だけではなく、全身の健康管理とも深く関わっています。小児歯科専門医のいる歯科医院のスタッフは、専門的な指導ができるよう教育を受けていますので、何でもご相談ください。

歯のケガ、口のケガ

歯や口のケガを予防すること、また歯や口をケガしたときには、できるだけ早く小児歯科専門医または口腔外科専門医を受診することが重要です。敏速な処置によって、完全に脱落した歯であっても救うことができます。

定期健診

子どもの頃の生活習慣が、その人の人生の健康を左右します。自分の健康を自分自身で管理できるよう、楽しく身に付けたいものです。乳歯のむし歯だけでなく、歯肉や歯の噛み合わせ、そして何よりもお口全体のバランスなど発育途中の子どもの顔、顎、口について総合的に見守るのが、定期健診の目的です。1年に3〜4回の定期的な健診を受けましょう。

乳児期

乳児期 赤ちゃんの健康を保つためにも、栄養を摂取するお口の働きはとても大切です。食べる機能の習得は、成長を見守るご家族の一番の心配事です。小児歯科専門医は、子ども達の食べる機能の発達を応援しています。そのためこの時期から定期健診を受けられることをお薦めします。

乳児期(乳歯列期)

乳児期(乳歯列期) 小児歯科専門医は子ども達の大切な乳歯を守り、健全な永久歯までの道案内を引き受けます。

学童期(混合歯列期)

学童期(混合歯列期) 小学校の1年生から6年生までの6年間に、乳歯はほとんど永久歯に生えかわります。この時期は口の中がダイナミックに変化する大切な時です。問題が起きる前にぜひ小児歯科専門医に相談してください。

中高生(永久歯列期)

中高生(永久歯列期) 中高生は生活習慣が最も乱れる時期です。そのため、むし歯をはじめ歯周病【歯肉や歯槽骨(歯を支えている骨)の病気】や顎の関節の異常も多くみられます。 きれいな歯ならびをつくり上げ、維持するための生活習慣を身に付けるため、1年に2〜3回の定期的な健診を受けましょう。

一般社団法人 日本小児歯科学会 専門医認定委員会より引用

↑ページトップへ

お子様の歯科治療

小児歯科

子供の時期には大人と違う治療があります。
子供の歯から大人の歯に生え変わり、 お口の中の環境が大きくかわるこの時期にこそ必要な予防処置や歯並びの治療があります。

 

上手な歯みがきの習慣を作るのもこの時期がいいですね。
目指すゴールは「いい大人の歯・歯並び」です。 子供の歯を守り、成長発育をお母さんとともに考えます。

 

たとえ抜けかわってしまう子供の歯でも、 むし歯が大きくなるとあとから生えてくる大人の歯に異常がでたり、 歯並びが悪くなったりすることがあります。
また、生えてきたばかりの大人の歯はむし歯になりやすく、むし歯が急激に進行します。
この時期を上手にのりきるとむし歯になる確率はぐんと下がります。

 

定期検診と予防処置、歯みがきの練習などでサポートするとともに 日本の子供たちの歯・歯肉や舌・噛み合わせ・顎関節などの良好な機能と形態の健康の維持増進に努め、 全身の健康育成に寄与します。

↑ページトップへ

妊娠中から子育て中の歯のために

妊婦の歯周病

妊婦の方は、つわりなどの心身の変化と女性ホルモンの影響で歯周病が悪化しやすくなります。歯周病は早産や低体重児出産と関係していることも明らかです。歯周病の早期の治療をお勧めします。

よい歯のためのマタニティ・ママのスケジュール

2〜4月頃

乳歯の芽

乳歯の歯胚(歯の芽)は、約7週目からでき始めます。

  • 妊娠したら、歯と口の健康のために歯科健診を受けましょう。
  • 健康な歯をつくるため、栄養のバランスに気をつけましょう。

5〜7月頃

永久歯の芽

乳歯は4か月の後半から歯の石灰化(硬くなる)が始まります。
永久歯の歯胚は、4〜5か月頃からでき始めます。

  • 間食をしたら、口の中をその都度きれいにしましょう。
  • 安定期に入ったら、歯科医師に相談して歯周病に注意しましょう。

〜お誕生

乳歯 乳歯が生える準備ができました。誕生頃より永久歯の石灰化が始まります。

ママになったら

母乳はとっても大切です。おっぱいをしっかり吸うと、かむ力の発育を助けるので、できるだけ母乳で育てるようにしましょう。
ジュースやイオン飲料を、ダラダラと哺乳びんで与えるのは控えましょう。

よい歯のためのベビーキッズのスケジュール

0〜1歳

7〜8か月頃の歯と1歳頃の歯

7〜8か月頃、生え始めます。

  • 上の前歯が生えたら、離乳食後に指に巻いたガーゼや綿棒で歯をきれいにしましょう。
  • 歯ブラシを持たせて慣れさせましょう。
  • 毛の部分が乳歯2本分位の小さめの歯ブラシを。

〜2歳

2歳頃の歯

乳歯の奥歯が生えてきます。

  • 第1乳臼歯が生えてきたら、丁寧に磨きましょう。
  • 大人のまねをしたがるので、歯みがきの習慣をつけましょう。

3歳

3歳頃の歯

奥歯が20本全部生えそろい、かむ力がグンと増します。

  • 仕上げみがきをしてあげましょう。
  • ほっぺたをふくらませて、ブクブクうがいを練習しましょう。

4〜5歳

4〜5歳頃の歯

顎が大きくなって、歯の間にすき間ができてきます。

  • 自分で上手にみがけるように練習しましょう。
  • 奥歯の歯と歯の間は、糸つきようじ(デンタルフロス)を使いましょう。

6歳

3歳頃の歯

最初は大人の歯が下の前と奥(第1大臼歯=6歳臼歯)から生えてきます。

  • 6歳臼歯は歯ブラシが届きにくいので、奥までみがく練習をしましょう。
  • 食後の歯みがきを習慣づけましょう。
  • 仕上げみがきをしてあげましょう。

ママとベビーの口・歯の質問箱

妊娠中に、お腹の赤ちゃんの歯を丈夫にするには?
歯の栄養には、カルシウムだけでなく、バランスよく摂ることが大切です。偏食を減らし、健康で規則正しい生活をすれば丈夫な歯は作られます。
母乳をいつまでも飲んでいると、むし歯になるというのは本当ですか?
母乳そのものは、むし歯の直接の原因とはなりにくいです。母乳を飲みながら眠ると、唾液の分泌が少なく、むし歯ができやすい環境になるので注意しましょう。
母親にむし歯が多いと、子どももむし歯になりやすいですか?
歯並びや唾液の性質など、遺伝的なものもあります。赤ちゃんの頃の生活習慣が大きく影響します。またむし歯菌がお母さんから赤ちゃんに伝播するため、お母さんのむし歯を早めに治療しておきましょう。
おしゃぶりは歯並びに影響しますか?
よい歯並びのためには、おしゃぶりはできるだけ使用しないことをお奨めします。1歳を過ぎたら、常時使用しないようにし、遅くても2歳半までに中止しましょう。
指しゃぶりは歯並びに影響しますか?
生後2歳頃までの退屈な時や眠たい時の指しゃぶりは、神経質にならずに見守ってください。ただ4〜5歳になっての指しゃぶりは、歯並びやかみ合わせに影響をあたえることが多いので、小児歯科等へのご相談をお勧めします。

一般社団法人 日本小児科歯科学会より引用

↑ページトップへ


お問い合せ リンク集 プライバシーポリシー