矯正歯科


小さな子どもの歯並び

叢生(乱ぐい歯)

お子様の歯列矯正は、「乳歯が生えている頃〜永久歯が生え揃う前」に歯並びを継続的に管理し、 「整った歯並びに矯正して、正しい咬み合せやあごを育成する」といるものです。
主にプレートと呼ばれる器具を夜間や決められた時間にお口の中に入れるという簡単な治療によって、 理想的な歯並び、咬み合せにできます。

子供の歯列矯正

咬合育成 〜歯並びを育てる〜

永久歯への生え替わりの時期は、歯並びが 発育する大切な時期です。 しかし、あごの発育が不十分なまま生え替わりが進むと、不正な歯並びで 発育してしまいます。 バランスが悪くなった歯並びの発育を、 正常に導く治療が「咬合育成」です。


お問い合せ リンク集 プライバシーポリシー